12月19日(木)EAE欧州外断熱施工ガイドライン紹介セミナー

12月19日(木)に東京でEAE欧州外断熱施工ガイドライン紹介セミナーを開催いたします!

 

翻訳 NPO E0 4_001.jpg

 

表紙

 

翻訳 NPO E0 4_153.jpg

 

裏表紙

特定非営利活動法人 外断熱推進会議では、12月19日(木)にEAE(欧州・外断熱)施工ガイドラインの出版を記念してEAE外断熱施工ガイドライン紹介セミナーを開催いたします。

 

 

EAEセミナー参加申込書.pdf

 

 

EAE(欧州外断熱協会)ガイドラインとは

50 年以上複合断熱システム(ETICS) は, 建物に求められる暖房エネルギー の削減に大きな貢献をし, 最近ではそれらをほぼゼロと最小限にしている。 実際的な経験から, 最終的にシステムの成功には4つの柱に委ねられる。 1. 設計の品質 2. 製品の品質 3. 施工の精度 4. システムの概念の重要性

これら4つの側面を連携させることで, 最大の成果を施主 ( 投資家)にもたらすために,EAE は品質に関わるガイドラインを信頼できる国際機関と協力して策定した。

 

20130116_EAE_Japanese delegation_Munich_EN_20130201_16.jpg

 

我々の意図するところは, 責任の伴う全ての建設工事関わる(設計業者,建築業者,販売業者または投資家にかかわらず, ビルダー或はディベロッパーと呼ばれているが) は, 品質に関わるガイドラインを達成すべき品質レベル標準として参照する必要がある。全ての厳選されたイラストは 実際にこのシステムで使用されたもので, これは全ての関係者に有益な資料となる。

 

翻訳 NPO E0 4_119.jpg

 

 

翻訳 NPO E0 4_124.jpg

 

 

翻訳 NPO E0 4_121.jpg

  欧州外断熱協会(EAE EUROPEAN ASSOCIATION FOR ETICS)は、EU加盟国(27カ国)のうち正会員は各国の外断熱協会からなっている。各国の外断熱協会とはオーストリア、ベルギー、チェコ、フランス、ドイツ、イタリー、オランダ、ポーランド、スロバキア、スイス、英国の11ケ国である。その他発泡スチレン欧州協会などの特別会員が4団体ある。正会員、特別会員共にさらに増えていくとの事である。EAEの大切なテーマは、標準化と認定ガイドライン、防火対策である。温暖な地域から寒冷な地域を含む欧州の様々な国の知識や経験を共有化している。

 

EAEEITCSガイドラインは、欧州各国のすべての経験や知識を集め、異なった気候区でも全員が共有できる技術的なベース(基礎)である。外断熱の品質が悪いとクレームにつながり、評判を落とすことになる。外断熱の歴史が浅い国でも、このガイドラインから学び、市場で応用することで典型的なミスを回避する事が可能になる。

 

EAEガイドラインは、20114月にロンドンで発表され、使用言語は英語である。現在ではチェコ、ポーランド、イタリア、スロバキアの各国語に翻訳されて発行されている。各国で表紙は異なるが、内容は同じである。

 

 

P1080500.JPG

 

 各国版のEAEガイドライン

 

 

P1080442.JPG

 

 EAEガイドライン 施工図

 

 

 


P1080443.JPG

 

 EAEガイドライン 施工図

 

 

 

 

 

 

 

戻る
ページトップ

投稿者 sotodan : 2013年11月26日 15:40