「外断熱がこれからの建物を変える!東北からの発信!」セミナーを開催しました

 

9月12日(木)仙台市において特定非営利活動法人 外断熱推進会議主催の「外断熱がこれからの建物を変える!東北からの発信!」セミナーを開催しました。

 

会場入り口

 

受付

 

基調講演 『省エネの出番と断熱の必要性』(坂本雄三様)

 

■主  催

特定非営利活動法人 外断熱推進会議(理事長 竹川忠芳)

 

■後  援

国土交通省東北地方整備局・経済産業省東北経済産業局・環境省東北地方環境事務所国立大学法人東北大学・宮城県・宮城県住宅供給公社・仙台市・塩竈市(般社)日本建築家協会東北支部・(般社)青森県建築士会・(般社)青森県建築士事務所協会・(般社)秋田県建築士会・(般社)秋田県建築士事務所協会・(般社)岩手県建築士事務所協会・(般社)宮城県建築士会・(般社)宮城県建築士事務所協会・(般社)山形県建築士会・(般社)山形県建築士事務所協会・(般社)福島県建築士会・(般社)福島県建築士事務所協会NPO法人東北マンション管理組合連合会(順不同)

 

■セミナー内容

13:00~13:10 開会挨拶

                 特定非営利活動法人 外断熱推進会議 東北支部長 佐貫隆史

 

外断熱推進会議東北支部設立の経過と多くの皆様の外断熱推進会議東北支部への参加を呼びかけました。

 

 

会場の模様

 

13:10~14:10 講演1 「住宅・建築物の省エネ政策の動向について」

                 国土交通省住宅局・住宅生産課 建築技術政策分析官  浅見 真二 様

 

政府及び国土交通省の省エネ政策の動向について、わかり易く、より深く解説しました。特に消費税率引上げを踏まえた住宅取得対策や冬季の住宅内の寒さ改善による循環器疾患予防の可能性など多方面から詳細なお話がございました。

 

会場の模様

 

14:30~15:50 基調講演 「省エネの出番と断熱の必要性」

                  独立行政法人・建築研究所理事長/東京大学名誉教授  坂本 雄三 様

 

 

 

16:10~16:30 当法人より発信及び閉会挨拶

                  特定非営利活動法人 外断熱推進会議 専務理事 宮坂 幸伸

 

最後にあいさつにたった、つい先頃まで平田前参議院議長の秘書官の激務をこなしてきた宮坂専務理事より外断熱推進会議への全面復帰の決意表明につづき、外断熱との出会いになった1999年7月27日東京・東條会館で開催された地球環境問題・エネルギー問題解決に向けた緊急提言『今すぐに求められる“内断熱”から“外断熱”への コンクリートシティ革命―ドイツ、スウェーデンからの警告―』について紹介が行われた。当時、国会議員の政策秘書としてセミナーに参加し、外断熱を知った最初の契機。『今すぐに求められる“内断熱”から“外断熱”への コンクリートシティ革命』は今でも求めらている。 

 

 

 

 

 

戻る
ページトップ

投稿者 sotodan : 2013年9月17日 16:25