北海道支部セミナー「知られていない米国の外断熱とパッシブハウス」

特定非営利活動法人外断熱推進会議北海道支部主催 外断熱技術セミナー

 

スライド12.JPG

 

米国と日本の緯度

スライド13.JPG

 今回訪問するボストンと旭川の温度・湿度(拡張アメダスデータより)

 

「多様な気候の北米における外断熱とパッシブハウス~米国で連続断熱義務化が10月よりスタート」

知られていない米国の外断熱とパッシブハウス

 

 米国では今年10月より「連続断熱義務化」が始まります。

今回のセミナーは、2006年、2008年に外断熱推進会議が実施した、カナダ・米国外断熱視察報告を踏まえて、ドイツ(欧州)とは異なる北米の外断熱及びパッシブハウスについて日本建築学会北海道大会で発表を行う為に来札する京都工芸繊維大学准教授、芝池英樹博士が講演します。 外断熱推進会議では、今年11月30日から米国視察を行い、連続断熱義務化に伴う、制度、技術基準、木造外張り断熱の瑕疵問題などの調査を行う予定でその内容についてご紹介します。 鉄筋コンクリート・ブロック造の外断熱、木造パッシブハウスの設計・施工に関わる皆様、ぜひご参加下さい。

 

◆日  時 2013年8月31日(土) 開場18:00 開会18:30 終了20:30 

 

◆会  場 札幌エルプラザ 2階環境研修室 札幌市北区北8条西3丁目 

 

◆主  催 特定非営利活動法人 外断熱推進会議北海道支部

 

 ◆参加費(資料代) 会員・一般共1,000円(当日受付にて御願い致します) 

 

◆定  員  50(先着順受付)

 

セミナー内容

講演 「多様な気候の北米における外断熱とパッシブハウスについて」  

 

講師 芝池英樹氏 工学博士京都工芸繊維大学大学院准教授     

特定非営利活動法人外断熱推進会議理事・木造部会担当

 

参加申込先 FAX011-726-8990 

E-mailoohashi@beige.plala.or.jp

外断熱推進会議北海道支部事務局 大橋周二 宛 

 札幌市北区北25西15-3-16 ()大橋建築設計室内(tel011-726-8988

 

130717_NAIT3_CFP-HS_page006.jpg

 

米国の最新湿式外断熱(EIFS)システム

 

第三回 米国外断熱及びパッシブハウス調査(NAIT_3)

 

130717_NAIT3_CFP-HS_page001.jpg

 

 

130717_NAIT3_CFP-HS_page002.jpg

 

 

130717_NAIT3_CFP-HS_page013.jpg

 

 

 

戻る
ページトップ

投稿者 sotodan : 2013年8月18日 22:00