NAIT_3rd 第三回北米(外断熱・パッシブハウス・ZEB)視察のご案内

日本のような様々な気候条件(温度・湿度・地震・ハリケーンなど)をもつ米国の外断熱、パッシブハウスなどの北米高性能建築外皮技術を視察するツアーを下記の内容で実施いたします。 寒冷地は勿論、温暖地・常暑地域においてパッシブハウス、高気密・高断熱住宅、外張り断熱住宅、ZEH、ZEBに取り組むメーカー、工務店、設計士の方々にとって重要な意味をもつ視察ツアーです。

 

スライド12.JPG

  

米国と日本の緯度

 

 

 

 

 


NAIT_1.JPG

 

NAIT_1 第一回北米高性能建築外皮技術視察ツアー(2006年2月)

 

 

 


 

 

 

 

NAIT_2.JPG

 

 

NAIT_2 第二回北米高性能建築外皮技術視察ツアー(2008年4月)

 

参加侍募集:

 

建築技術者,断熱施工技術者,パッシブハウスやNZEBの開発関係者,外断熱建築に興味のある建築主・事業者.

 

目的と期待される成果:

 

暖房負荷だけでなく,蒸暑な夏期の冷房・除湿負荷にも有効性を強調したい湿式外断熱システム(EIFS)の計画・設計・施工,これらを高度利用するNZEBやパッシブハウスの企画に携わる日本の技術関係者等には、類似した気候区を持つ米国のEIFS外皮の設計法やディテール,保温・防露・調湿性能の数値予測法を知ることは,非常に有用で即戦力に繫がります.

 

■景気の好況が伺える米国南部・東部・中部を訪れ,国内での外断熱設計・計画実務に直接利用可能な実践的情報の収集を試み,最新情報に迫ります.

 

■断熱層の連続性を要求する法改正(商業建築対象)が米国全土で10月に施行,

 

■排水機能のある次世代EIFS:価格性能比最良の選択肢,市場シェアの急伸に期待感.

 

期間:

 

A組:11月30日(土)〜12月09日(月)~アトランタからボストンまでのEIFS及びZEB視察が中心,

 

B組:12月04日(土)〜12月13日(金)

 ~ボストンからシカゴ、米国パッシブハウス研究所、WUFI Passive のデモ,

 

O組:11月30日(土)〜12月13日(金)~上記全行程を回ります.

 

旅行日数:8泊10日(A組・B組).11泊13日(O組)

 

 訪問都市:

 

Atlanta/GA, Boston/MA, Cambridge/MA, West Warwick/RI, Chicago/IL,

Champaign-Urbana/IL, Granville/OH.

 

主な視察先(予定):

 

・湿式外断熱産業協会 (EIMA),

 

・BSC社, Fraunhofer CSE,

 

・Dryvit System社,

 

・シカゴ グリーン技術センター,

 

・North Exelon Pavilion,

 

・米国パッシブハウス研究所,

 

・UIUC Solar Decathlon出展棟,

 

・Equinox House (NZEB),

 

・Owens Corning社 科学技術センター,他.

 

 

 

NAIT_3rd 第三回北米(外断熱・パッシブハウス・ZEB)視察内容

 


スライド0.JPG

 

 

 

 

 


スライド1.JPG

 

 

 

 

 


スライド2.JPG

 

 

 

 

 


スライド3.JPG

 

 

 

 

 


スライド4.JPG

 

 

 

 

 


スライド5.JPG

 

 

 

 

 


スライド6.JPG

 

 

 

 

 


スライド7.JPG

 

 

 

 

 


スライド8.JPG

 

 

 

 

 


スライド9.JPG

 

 

 

 

 


スライド10.JPG

 

 

 

 

 

 


スライド11.JPG

 

 

 

 

 


スライド12.JPG

 

 

 

 

 

戻る
ページトップ

投稿者 sotodan : 2013年8月20日 16:09