第32回 関西外断熱セミナーのご案内

内閣府認証「特定非営利活動法人(NPO) 外断熱推進会議 関西支部」からのお知らせです

 
 
NPO法人外断熱推進会議はドイツ フランホーファー建築物理研究所を招い2004年に外断熱セミナーを京都で開催して以来「外断熱と省エネルギー・健康・高耐久化」をテーマに、今年まで31回のセミナーを関西で開催してまいりました。
 
このたび国土強靭化政策の提唱者、第二次安部内閣官房参与・京都大学教授 藤井聡氏を招き下記内容で講演会を開催いたします。
 
藤井氏は公共政策のレジリエンス(防災・減災)研究の視点から国土強靭化計画を推進されてきました。
我々が推進する建築物の「外断熱・高気密高断熱化」は「構造体の保護」「温度差による建物ひずみの軽減」をもたらし、建物の寿命を延ばすことによって、国土強靭化に繋がっていくのではないでしょうか。
また、避難場所の高断熱化は、冬季においては避難された方の身体発熱により室温を上げ、低体温症などによる二次災害を防ぐことにもなると考えています。
 
従来は会員中心のセミナーでしたが、「外断熱・高気密高断熱化」が「国土強靭化政策」の元で、私たちは何をしなければいけないのかを考える機会になればと思い、広く多くの方にご案内を致しました。
 
本セミナーの第2テーマは、本年度の国土交通省補助制度「建築物省エネ改修促進事業」の説明です。
国土強靭化政策と建物の高耐久化・省エネ化を考える良い機会です。皆様のご参加をお待ちしています。
 

第32回「外断熱推進会議 関西セミナー」

 
テーマ1:災害に強い国土と街づくり「わが国の省エネルギーと高耐久への道しるべ」
 
テーマ2:国土交通省補助金「建築物省エネ改修推進事業」
 
■日 時:6月14日(金曜) 受付 / 13時30分
開演 テーマ1/ 14時00分 ~ 16時00分
テーマ2/ 16時10分 ~ 16時50分
 
■場 所:大阪歴史博物館 4階講堂 
           地下鉄谷町線・中央線 谷町四丁目駅 9号出口
 
■受講料:一般参加者   5,000円
会員     (※)2,000円     ※NPO外断熱推進会議・関西パッシブハウス研究会
 
■定 員:250名 定員になり次第締め切ります。 
 
■テーマ1講師:京都大学大学院工学研究科教授・内閣官房参与  藤井 聡 氏
  テーマ2講師: 東邦レオ株式会社外断熱事業部   喜夛俊二氏
 
主催 特定非営利活動法人 外断熱推進会議 関西支部
共催 関西パッシブハウス研究会
 
参加御希望の方は、参加申込書をFAXまたはメールでお送りください。(複数名での参加は別紙に氏名等明記)
 
 
<藤井聡氏の経歴>
 
   1968年 奈良県生駒市生まれ
   2009年 東京工業大学大学院教授を経て京都大学大学院教授

   2012年 第2次安倍内閣 内閣官房参与に任命 

 

 

 

 

 

 

戻る
ページトップ

投稿者 sotodan : 2013年6月 1日 12:27