3月16日 第五回外断熱塾にご参加ください

平成24年度 第五回外断熱塾のお知らせ

昨年、2月4日(土)ベルブホールにノンフィクション作家・山岡淳一郎氏を講師に

招いて、基調講演「マンション再生への道標~コミュニティと建物」とパネルディス

カッションを開催いたしました。阿部裕行多摩市長をはじめ多摩ニュータウン住人や

関東一円から多くの方が参加しました。アンケートでは、山岡淳一郎氏の講演に高い

評価とまた聞きたいとの声が多くあり、ご多忙な中、第五回外断熱塾で再び講演をし

ていただくことになりました。

 

また、同時開催のパネルディスカッションにおいては、「外断熱改修を実現したマン

ション管理組合」、「これから外断熱改修に取り組むマンション管理組合」の皆様よ

り「合意形成に至る過程と問題」「外断熱改修にたいする不安と現実」「外断熱改修

工事中に感じたことと改善点」「外断熱改修後の現実と問題点」などについて山岡淳

一郎さんの司会で生の声をお聞きします。

また、会場からの質問にお答えします。

マンションに暮らす多くの皆様に参加していただきたいシンポジュームです。

 
 

【多摩市永山公民館 市民企画講座】~私たちの終の住処を考える2~

◆テーマ:「次世代に引き継ぐ 省エネ・健康・長寿命の住まいづくりとは」
 
 
↑詳細はクリックしてダウンロード
 
 
 
・10:00~ 外断熱展示と無料相談会
  これからマンションの大規模改修を考えている皆様からの相談を外断熱推進会議メンバーがお聞きします。
・13:00~ 基調講演:山岡淳一郎氏
 「これからの集合住宅のコミュニティーと暮らしかた」(仮題)
・14:30~ パネルディスカッション:司会 山岡淳一郎氏
 「外断熱改修に至る過程とその後の暮らし」~「合意形成に至る過程と問題・外断熱改修にたいする不安と現実・外断熱改修工事中に感じたことと改善点・外断熱改修後の現実と問題点などについて体験者から生の声をお聞きします。
 
 

開催概要

■日 時: 平成25年3月16日(土)
       10時30分~ 相談会及び展示会
       13時00分~ 講演及びパネルディスカッション
■会 場: ベルブホール(永山公民館5階)
       (会場アクセス:京王線・小田急線永山駅から徒歩3分)
       http://www.city.tama.lg.jp/bunka/45/873/7985/
■主 催: 特定非営利活動法人 多摩ニュータウン・まちづくり専門家会議
       (略称「たま・まちせん」)
       http://www.machisen.net/sotodan/index.php
■協 力: 特定非営利活動法人 外断熱推進会議
       http://sotodan-npo.org/
■後 援: 多摩マンション管理士会
       http://www.tamamankan.jp/index.shtml
 
 
昨年、2月4日(土)ベルブホールにノンフィクション作家・山岡淳一郎氏を講師に招いて、基調講演「マンション再生への道標~コミュニティと建物」とパネルディスカッションを開催いたしました。阿部裕行多摩市長をはじめ多摩ニュータウン住人や関東一円から多くの方が参加しました。アンケートでは、山岡淳一郎氏の講演に高い評価とまた聞きたいとの声が多くあり、ご多忙な中、第五回外断熱塾で再び講演をしていただくことになりました。
 
 
 
阿部裕行多摩市長と山岡淳一郎氏
 
昨年のたま・まちせん市民講座(第5回・最終回)
http://sotodan-npo.org/2012/02/post-326.php
 
また、これからマンションの大規模修繕を考えているマンション住人から
 
①まず、そのデメリット、短所はどのようなことがあるでしょうか?
②現在まで日本で施工されたものでの問題点は、どのようなことがあるでしょうか?未解決の点も含めてお願いいたします。
③竣工した後の維持・管理とその周期などは?
 
などの質問が寄せられております。
パネルディスカッションにおいては、外断熱改修を実現したマンションより「合意形成に至る過程と問題」「外断熱改修にたいする不安と現実」「外断熱改修工事中に感じたことと改善点」「外断熱改修後の現実と問題点」などについて山岡淳一郎さんの司会で生の声をお聞きします。また、会場からの質問にお答えします。
 
 
 

プログラム

 
【第一部】外断熱推進会議による外断熱改修相談会及びメーカー展示
10:30  相談会&展示会開始
12:00  相談会&展示会終了
 
【第二部】
12:30  シンポジューム開場
13:00  主催者あいさつ
13:10  基調講演:山岡淳一郎 様
 『集合住宅のコミュニティ・レジリエンス(回復力)を高める』
「国土強靭化」が社会的テーマとなった現在、構造物の強さだけでなく、コミュニティのレジリエンスにも注目が集まりつつあります。「災害対策」、「エネルギー」、「インフラと人の老い」という三つの危機に地域、集合住宅はどう備えればいいか。ご来場の皆さんと一緒に考えたいと思っています。    
 
14:20  休 憩
 
【第三部】
14:30 パネルディスカッション

 司 会  山岡 淳一郎 様

 パネリスト(予定)

  「武蔵小金井ハイデンス」管理組合

    理事長 武藤 勝 様

  「藤和ライブタウン希望が丘」管理組合

    修繕委員長 竹下 輝 様

  「ホームタウン南大沢」管理組合

    住環境委員長 横山 美樹雄 様

  「エステート鶴牧45住宅」管理組合

    花牟禮 幸隆 様

  NPOたま・まちづくり専門家会議 理事長

    戸辺 文博

  特定非営利活動法人 外断熱推進会議 理事・事務局長

    堀内 正純

 

1610 質疑応答

 
16:30 閉会のあいさつ
 
 
参加ご希望の方は
 
コチラの案内状
 
 
をダウンロードの上、FAXにてお送り下さい。  
 
 
 
 
 
 
山岡淳一郎氏
 

山岡淳一郎さんの履歴

1959年愛媛県松山市生まれ。出版関連会社、ライター集団を経てノンフィクション作家となる。 「人と時代」を共通テーマとして、建築、医療、近現代史、経済、スポーツなど分野を超えて旺盛に執筆。 「21世紀の公と私」として近現代からの問題に向き合えているか、エネルギー、震災、復興、メディア、医療保険、マンション再生などの切り口で活躍する人達を取り上げてきている。 ドキュメンタリー番組のコメンテーター、様々な団体やNPOなどに招かれての講演活動も展開中。 著書は『外断熱は日本のマンションをどこまで変えるか?』『震災復興の先に待ちうけているもの』『原発と権力』『国民皆保険が危ない』『日本を大切にする仕事』『田中角栄封じられた資源戦略』『後藤新平日本の羅針盤となった男』『狙われるマンション』『あなたのマンションが廃墟になる日』『成金炎上昭和恐慌は警告する』『マンション崩壊』『地球にやさしい家に住もう』『ボクサー回流』『命に値段がつく日所得格差医療』ほか。
 
 
 

戻る
ページトップ

投稿者 sotodan : 2013年3月10日 11:22