4月25日(水) 関西パッシブハウスセミナー開催

外断熱推進会議とパッシブハウス研究会の共同主催セミナーのご案内

 
大飯原発の再稼動をめぐる議論は、「電力需要のピークを迎える夏場までに十分な安全性を確保し、
再稼働にこぎ着けたい」との関西電力の説明に添った形で、新安全基準に疑問がもたれたまま、「再開ありき」の議論が進められています。しかし、6日に枝野経済産業相は、地域の電力供給に余裕がある場合は再稼働は認めない考えを示しました。
この事からも、原発再稼動の正常な議論を行うためには、各産業部門がそれぞれの分野で、エネルギー消費の問題に対して答えを出していかないといけない岐路に立っているのだと思います。
今、ドイツでは数年先を行く形で、この問題に対しての答えを出しつつあります。ドイツ在住のエネルギーコンサルタントのクーラー・アンドレアさんの来日に合わせクーラさんからドイツの現在の情報や、省エネ先進国の住宅に対する取り組みについてお聞きしたいと思います。
会場の席数の関係もあり、申し分けありませんが、参加・不参加 の返信を頂きますようお願い致します。
また、宜しければご興味のある方への、ご案内をお願い致します。
 

開催概要

日 時:4月25日(水曜日)
場 所:大阪歴史博物館 4階 第1研修室
              地下鉄谷町線・中央線  「谷町四丁目駅」9号出口前
 
・第1部 13時30分~14時45分
  「西日本で超省エネ住宅をローコストで建てるには」
    講 師 :クーラーアンドレア
  「高松市準パッシブハウスの竣工後効果検証」
    講 師 :㈱CASICO 柏木英二
・第2部  15時30分~16時50分
  「本当の省エネ住宅を考える」
     省エネ建築についてのフリーディスカッション
    パネラー:クーラーアンドレア
 
 
セミナーの詳細、お申込みはコチラまで!
 
 
 
【講師の略歴】
ブリュッセルに生まれる。ミュンヘン工科大学で機械工学を学ぶ。1994年、国際交流機関の研修生として来日。日本人と結婚。2005年ドイツの省エネルギーコンサルタント研修に参加。2008年ドイツのエネルギーパス制度を説明する本を邦訳(当日会場にて販売します)。認定パッシブハウスコンサルタント資格取得。エネルギーコンサルタントとして活躍中。
 
 
  
クーラー・アンドレア氏   
 
参加費 :2000円(1部のみの参加は1500円)
当日、大阪歴史博物館では「中村順平 建築芸術の探究展」を開催しております。
ご興味のある方は、合わせてご覧ください。
 
 
++++++++++++++++++++
関西パッシブハウス研究会 事務局 中野雅美
passiveinfo@words-aa.com
++++++++++++++++++++
 
 
 
 
 

戻る
ページトップ

投稿者 sotodan : 2012年4月19日 18:17