「外断熱工法の研究と実体験」~これからは外断熱の時代!

田中辰明副理事長(お茶の水女子大学名誉教授)が札幌市で外断熱の講演をしました。


(社)北海道建築技術協会(会長:川治正則)と外断熱建築研究会(委員長:佐藤潤平)により外断熱研修会が札幌市において開催しました。

P1160879.JPG
会場風景

「今回の研修会では、東京から田中先生がおいでになり外断熱のご自宅の状況や関係の深いドイツの近況など、長く外断熱に関わられた中から幅広くお話いただけます。また、高断熱化が普及してきた中で、蓄熱性に関して改めて勉強したいという声もあり、長谷川専務理事より過去の研究のなかからお話をいただけることになりました。この機会に、知見を深め外断熱の普及につなげていただければと思います。」(趣旨)


● 日 時 7月22日(金)

● 研修会

講演1「外断熱工法の研究と実体験」~これからは外断熱の時代!

講師 田中辰明氏(お茶の水女子大学名誉教授)


田中先生が手掛けた回転式空調実験装置


「トルコ・ドイツ ブルーノ・タウトと外断熱の旅」について

第10回『トルコ・ドイツ ブルーノ・タウトと外断熱の旅』参加申込書.pdf




講演2 「外断熱建物における室内側材料の蓄熱性とその効果について」


講師 長谷川寿夫氏(協会副会長・専務理事)



P1160844.JPG


外断熱建物における室内側材料の蓄熱性





研修会会場:札幌エルプラザ(2階環境研修室1.2)



P1160819.JPG


田中先生が昭和41年に外断熱の指導を行った興銀札幌ビル



P1160817.JPG


興銀札幌ビルで田中辰明先生を囲んで藤本支部長(左)、大橋支部事務局長(右)

戻る
ページトップ

投稿者 sotodan : 2011年7月28日 15:14