「私たちの終の住処を考える~大震災を契機に暮し方を見直そう~」セミナー

たま・まちせん EiPC 「私たちの終の住処を考える~大震災を契機に暮し方を見直そう~」セミナー

主 催:NPO多摩ニュータウン・まちづくり専門家会議

協 力:NPO法人 外断熱推進会議


tama_1.jpg


参加申込書

大震災を契機に今までのエネルギーに依存した暮らし方が問われています。多摩市は、多摩ニュータウンの団地群をはじめ集合住宅が多いまちです。その特徴を活かし、人も建物も長持ちする省エネで健康な暮らし方を5回の講座を通じて学びます。


第1回は下記の通り行います。ご興味、ご関心のある方、ぜひお越しください。

◆日時:6/25(土)午後3時~5時

◆会場:永山ハウス(1階)集会室(諏訪1-65-1)

tama_2.jpg

◆内容:第1回目講座「住まいの省エネを考える」 ~エネルギーの使われ方、エコな住まい方(ハードとソフト)などを紹介~ エネルギーの全体像と住まいでの使われ方について把握し、住まいの省エネ対策(ハード)やエコな住まい方(ソフト)など、エコライフを実践するノウハウを学ぶ。

◆講師:堀内 正純氏(NPO法人 外断熱推進会議事務局長・理事)他


●対象・定員 どなたでも 各回定員数まで(申込先着順)

●費用 資料代として300円程度

●主催 NPO多摩ニュータウン・まちづくり専門家会議

 協力 NPO法人 外断熱推進会議

●申込・問合せ 各講座開催日の前日までにNPOたま・まちせん事務局へ 電話:042(337)5609 Eメール:info@machisen.net


tama.machisen.jpg
◆2回目以降の講座のご案内

2回目 7/9(土) 午後1時半~4時半 テーマ:「大震災から見直す私たちの暮らしと住まい」 東日本大震災の経験から、ドイツなど海外の取り組みの紹介(自然エネルギーを利用する住宅や売電、原発を減らす取組など)を通じて、電気・ガス・灯油などに頼らない住まい方について考える。 講 師:オスカー バルテンシュタイン氏(イフコンピュータージャパン株式会社代表) 会 場:消費生活センター講座室(ベルブ永山3階) 定 員:30名


3回目 9/17(土) 午後1時半~4時半 テーマ:「健康な住まい方とは」 結露などによるカビ・ダニの発生や、室内の急激な温度変化(ヒートショック)による健康被害を回避することで、身体に優しく健康的な住まい環境を獲得する秘訣を学ぶ。 講 師:田中 辰明氏(お茶の水女子大学名誉教授)、他 会 場:永山公民館集会室(ベルブ永山4階) 定 員:50名


4回目 10/22(土) 午後1時半~4時半 テーマ:「住まいを長持ちさせるには」 経済的かつ持続可能な住まいとは何か。建物の寿命を延ばし、環境へ配慮した改修方法として、建物の外断熱化について学ぶ。外断熱改修事例の紹介を交え、従来の改修方法と比較し経済性なども検証する。 講 師:松井 一郎氏(NPO法人外断熱推進会議理事) 会 場:永山公民館集会室(ベルブ永山4階) 定 員:50名


5回目 2/4(土) 午後1時半~4時半 テーマ:「集合住宅を終の住処とするために」 省エネ、震災対応、健康、長寿命化といったキーワードで学んできた今回の連続講座のまとめとして、集合住宅を終の住処とするために何が必要か、人と建物を長持ちさせ持続可能な街とするために、何ができるかについて考える。 講 師:山岡 淳一郎氏(ノンフィクション作家)、他 会 場:永山公民館ベルブホール(ベルブ永山5階) 定 員:100名


まちせん市民企画講座参加申込書.pdf

戻る
ページトップ

投稿者 sotodan : 2011年6月 7日 17:18