平成22年度東京都『提案公募型産業交流促進事業』補助金交付事業に採択されました

この事業によるセミナーは こちらからご覧になれます。

特定非営利活動法人外断熱推進会議は、わが国における「外断熱工法」の普及促進を図るため平成十五年十一月、学会、法曹界、建築界、環境問題に関心のある人々によって結成されました。外断熱工法とは、建物の躯体の外側に断熱材を施工し、建物全体が外気の影響を受けることがなくなる工法で、省エネによる環境負荷、外皮に覆われることによる耐用年数の飛躍的延伸、室内環境の安定による健康の保持に大きな成果を挙げ、現在の欧米の建築物はほとんどこの工法が採用されています。

これに反してわが国では、殆どの新築建築は旧来からの内断熱工法で施工され、建物自体の省エネを図り、何世代も使える建物を作るという世界の潮流とは異なる推移を辿っています。

結成以来七年、外断熱建築の海外からの専門家の招致、海外視察・調査活動、全国各地での啓蒙、技術セミナーの開催、国土交通省の委託調査などを行い、これを受けて当法人および会員企業によるマンションの外断熱改修、外断熱マンションの新築などが進んで来ましたが、未だ私たちの考える外断熱工法の普及はなかなか進んでいるとは言えないのが現状です。

このたび東京都が募集をした「平成22年度東京都『提案公募型産業交流促進事業』補助金交付事業」へ応募いたしましたところ、耐震と外断熱をキーワードとした提案が採択されました。

これを機に、"耐震+省エネ"という社会的要請が極めて高い事業の展開を図りたいと考えております。耐震化と外断熱を同時に行うことはコスト面からも、安全・安心な街づくり、生活環境づくりに大きく寄与していくものと考えております。

具体的な活動は、当法人とは別組織である「東京都外断熱ネットワーク」を当法人会員、活動の趣旨に賛同される方々、法人によって構成し、耐震、(省エネ)外断熱事業にかかわる事業の発展を進めて参ることとしております。

この活動の今後の活動の展開につきましては、今月24日に実施される第一回「耐震+外断熱事業推進交流会」で更に皆様方のご意見を取り入れながら進めて参る所存ですが、是非当東京都外断熱ネットワークへのご参加をお願い申し上げます。

具体的には「東京都外断熱ネットワーク」を中心に

  1. 耐震+外断熱事業促進交流会(3回開催)
  2. 外断熱技術セミナー
  3. 外断熱改修事例の研究セミナー
  4. 建物の安全とは(セミナー)
  5. 外断熱通信(特別号)及びセミナー用テキストの発行

の五つの事業を平成23年3月31日までに実施してまいります。

ネットワーク入会のお申し込みは入会申込書をダウンロードご記入の上、 FAX(03-3436-0678)でお願いします

東京都外断熱ネットワーク事務局(運営主体:NPO法人外断熱推進会議)

〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館407号メカトロ団体内

TEL: 03-3436-4755 ・FAX: 03-3436-0678

Mail: info@sotodan-npo.org ・URL: www.sotodan-npo.org

戻る
ページトップ

投稿者 hpnew : 2010年8月11日 15:54