11月21日開催 神奈川県下マンション管理アドバイザー・相談員等CPD委員会で講演します

外断熱推進会議事務局長・堀内が神奈川県下マンション管理アドバイザー・相談員等CPD委員会で講演します。

日時
平成21年11月21日(土)13時30分~16時頃
会場
相模原市民会館第1代会議室(100名収容) (JR相模原駅 バス10分)
〒229-0039 神奈川県相模原市中央3-13-15 TEL 042-752-4710
時間
受付開始:13:10  開講:13:30
参加費
無料
主催
神奈川県下マンション管理アドバイザー・相談員等CPD委員会
(代表 NPO法人かながわマンション管理組合ネットワーク) 
共催
NPO法人 相模原マンション管理組合ネットワーク
協同
一般社団法人 神奈川県マンション管理士会
一般社団法人 首都圏マンション管理士会神奈川支部
後援
神奈川県・横浜市まちづくり調整局・横須賀市(申請中)
(社)かながわ住まい・まちづくり協会・NPO法人横浜市住宅リフォーム促進協議会

第一部 講演:「外断熱への改修について」 講師:堀内 正純  外断熱推進会議 事務局長

外断熱って何?

外断熱工法とはコンクリート造や石造のように、 重量があり熱容量の大きな建築物の外側に、 連続して厚い断熱材で覆う工法のことです。

つまりコンクリートの建築物を 「断熱材ですっぽりと覆う工法」です。 蓄熱性のあるコンクリートの躯体が 室内側の温度変化を小さくするため、 冬の寒さや夏の暑さから、住む人を守ります。

断熱材だけでなく、高性能な窓ガラスやサッシ、 そして換気システムと組み合わせることで、 人も建物も「健康・快適・省エネ・長寿」の 理想的な住空間を創り出すことが出来ます。

第二部  質疑応答

戻る
ページトップ

投稿者 hpnew : 2009年11月12日 11:04