「環境・省エネ住宅政策を推進する議員連盟」勉強会 報告

去る12月13日(木)に衆議院第一議員会館 第四会議室において開催された勉強会の概要をレポートします。

定刻の14:00に議連の笠浩史事務局長が司会に立ち、伊藤公介会長の開会あいさつによって議連勉強会が開始された。
IMG_0341.jpg IMG_0355.jpg


当日は議連に参加している議員21名(本人12人、代理9人)が参加、ほかにゼネコン・建材メーカー・デベロッパーなどが多数傍聴した。また、今回の勉強会には二人の元環境大臣が出席した。広中和歌子議員と川口順子議員である。

IMG_0345.jpg IMG_0346.jpg


はじめに、出席した各省庁担当官へ、日本の住宅・建築物における省エネ政策への要望事項を下記の4団体が表明した。

IMG_0348.jpg IMG_0349.jpg
 
(社)住宅生産団体連合会 浅野専務理事    外断熱懇話会 夏目会長


IMG_0347.jpg IMG_0350.jpg

硝子繊維協会・ロックウール工業会 工法委員会布井委員長   開口部4団体及び(社)日本建材・住宅設備産業協会 市村顧問


各団体の要望書 (別ウインドウで開きます)


外断熱懇話会 外断熱懇話会

硝子繊維協会・ロックウール工業会 硝子繊維協会・ロックウール工業会

開口部4団体及び(社)日本建材・住宅設備産業協会  開口部4団体及び(社)日本建材・住宅設備産業協会


議員から、要望事項の詳細についての質疑応答のあと、現在の省庁の取組みに対して、より包括的かつ具体的な対策に関して、議員から鋭い指摘と強いプレッシャーがかけられた。これに関して省庁の返答は、配布された資料に記載された以上の前向きな返答はなされなかった。
中でも一番強烈な発言は、川口順子元環境大臣の国交省に向けた発言である。「なぜ建築基準法で省エネに関する対策を講じないのか。構造偽装に関しては、基準法の改正を行なったではないか。」また、広中議員は「省エネ対策の強化によって、新しい需要喚起による雇用促進効果」などに言及した。
これに対しての国交省小川審議官による返答は次のようなものであった。
「省エネ法の改正により、従来は2000㎡以上の建築物を対象としていた内容を2000㎡未満に拡大する。」省エネ法でカバーしているからというものであったが、川口議員はこの返答には満足せず、「国交省はやる気がないのね」と応酬した。


議連加入議員名簿(別ウインドウで開きます)議連名簿
この議連は超党派の議員によって構成されている。

当日出席した官庁の担当官
国土交通省 住宅局 小川審議官
経済産業省 製造産業局 喜多見住宅産業窯業建材課長
資源エネ庁 省エネ対策課 三木省エネ対策課長
環境省 地球環境局 徳田地球温暖化対策課長
財務省 主税局 大柳課長補佐

IMG_0354.jpg IMG_0353.jpg

(各省庁の資料:別ウインドウで開きます)
国土交通省 国土交通省01  国土交通省02

経済産業省 経済産業省

環境省 環境省


議論が白熱し予定の時間を大幅に超えたため、最後の特別報告では充分な時間がない中で、当NPO法人事務局長堀内による欧州における省エネ政策の最新情報と、当NPO会員である綿半鋼機(株)二木氏による「無暖房施設建築(茅野市 桜ハウス玉川)と実証データ」の報告が行なわれた。
堀内は、欧州の省エネ基準の変遷と普及促進のための政策に触れた後、平成11年省エネ基準の義務化と基準を上回る性能を有する建築物への優遇措置の必要性を訴えた。
二木氏は、実証データ(信州大学山下研究室)をもとに建物の高断熱化と高性能の開口部、高効率な熱交換換気装置の採用がもたらす室内空間の快適性と高い省エネ効果を紹介し、議連のメンバーにこの施設見学を行うことを強く要請し、勉強会が終了した。


なお議連では今後2ヶ月に一度勉強会を開き、積極的に環境・省エネ住宅政策を推進していく予定であり、当NPO法人ではホームページ・メルマガ等によってその内容を皆様にお伝えする。


中央環境審議会(環境相の諮問機関)、産業構造審議会(経済産業相の諮問機関)合同会合では12月21日に最終報告案をまとめた。これに関してのパブリックコメントを実施し、年明けに最終報告をまとめ、政府は来年3月に京都議定書の新たな目標達成計画を策定する予定。
最終報告(案)http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=10695&hou_id=9208
パブリックコメント意見情報の締切は平成20年1月25日(金)
パブリックコメントに関するサイト:http://www.env.go.jp/info/iken.html#561
意見募集要領:http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=10693&hou_id=9208

戻る
ページトップ

投稿者 hpnew : 2007年12月28日 18:03