第2回新エネルギー世界展示会発表のご報告

第2回新エネルギー世界展示会が幕張メッセで開催されました。

2007年10月10日に「セッションE:みんなで考えよう ニュータウンの未来-持続可能なニュータウン ・再生手法と技術提案-」において、 堀内事務局長が発表しました。

(1)13:00~14:00 進行:工学院大学 教授 宇田川 光弘氏
1.「10年後の東京」の実現に向けて
東京都環境局 環境政策部 環境政策課 環境政策主査:谷口信雄氏
Tokyo 2050
2.環境共生都市 多摩ニュータウン
3.環境都市への市民協働 多摩市民環境会議
(2)14:00~15:00 進行:首都大学東京 教授 須永 修通氏
1.ニュータウンの現状と再生提案 UR都市機構 東日本支社 多摩事業推進役
2.居住者から見たニュータウン再生
3.ニュータウンの未来を語る
多摩ニュータウン・まちづくり専門家会議 理事長:秋元 孝夫氏
秋元孝夫理事長  多摩ニュータウン
(3)15:00~16:20 進行:(株)日本設計 大野 二郎氏
1.パッシブ的改善手法
首都大学東京 都市環境科学研究科 建築学専攻 教授:須永 修通氏
須永先生
2.ニュータウンでの太陽熱利用
(株)大阪テクノクラートの代表取締役社長 峯 考弐
3.外断熱によるニュータウン再生
NPO 法人 外断熱推進会議事務局長:堀内 正純氏
堀内正純
4.団地型集合住宅の総合改善提案
首都大学東京 都市環境科学研究科 建築学専攻 教授:深尾 精一氏
(4) 16:20~ 討論

事務局長堀内は、当法人が国土交通省住宅局の委託を受けて実施した、 「平成18年度全国都市再生モデル調査」~ 「多摩ニュータウンの超高断熱(超省エネ) 手法による既存建築ストック活用・団地再生」 調査報告の内容を踏まえ発表しました。

発表内容

  1. 無断熱・内断熱と外断熱
  2. 海外の外断熱改修事例紹介 ドイツとスウェーデン
  3. 日本の外断熱改修事例紹介
  4. 多摩ニュータウンでの調査内容の紹介
    • 住人を対象とした室内環境アンケートの分析と紹介
        071010presen_2.jpg
    • 具体的な外断熱改修手法とその効果シミュレーション
    • 今後の指針

セッションE:みんなで考えようニュータウンの未来
-持続可能なニュータウン・再生手法と技術提案-

  • 日時:10月10日(水) 13:00~17:00
  • 会場:幕張メッセ国際会議場1F 会議室303
  • 主催:共生建築推進連絡協議会、再生可能エネルギー協議会
    第4分科会「省エネ建築」
  • 参加費:7,000円(お1人様)

戻る
ページトップ

投稿者 hpnew : 2007年10月12日 12:56