国際規格委員会 (ISO TC163)がヘルシンキで開催されました

断熱に関する国際規格委員会 (ISO TC163) が平成19年4月23日から27日ヘルシンキで開催されました。この会議で次のことが決議されResolution 180 (Helsinki 1-2007-04-25) として公表されました。

ISO/TC163/SC1は次の3つの規格を2007年7月までに優先決議事項 (Fast Track Procedure) として提案する。

  1. ISO/AWI 29804 (EN 13494) 建築用断熱製品-断熱材へ適用する接着剤、下地材の接着強度の決定
  2. ISO/AWI 29805 (EN13496) 建築用断熱製品-グラスファイバーメッシュの機械的特性の決定
  3. ISO/AWI 29803 (EN13497) 建築用断熱製品-湿式外断熱(ETICS)の衝撃耐力強度の決定

上記の3つの欧州規格を最初から国際規格案として投票にかけるという事です。外断熱のISO化が一歩前進したということで、喜ばしい事です。

当NPOでは外断熱を一般的に理解していただくために、現在欧州規格(EN)になっている外断熱規格を国際規格(ISO)にすべく活動を行なっております。外断熱の欧州規格はこれ以外にも存在し、今後とも国際規格化に努力を払います。

なお、欧州規格では湿式外断熱を英文でExternal Thermal Insulation Composite Systems:ETICSと省略しています。(ドイツ語ではWDVSです。)国際規格化されればETICSが用語として使用されます。

戻る
ページトップ

投稿者 hpnew : 2007年5月22日 13:20