2006年度 EiPC外断熱セミナー全国キャラバン開催のご案内_終了しました

平成18年度 新エネルギー・省エネルギー非営利活動促進事業の一環として、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の後援のもとに
“2006年度 EiPC外断熱セミナー全国キャラバン”
『つながっている、住まいと地球環境―外断熱による省エネライフ―』を開催いたします。

●趣  旨 
コンクリート建築における外断熱工法は、省エネ・健康・高耐久性をもち、地球環境保全,安全・安心の住環境を図るうえで大きな効果があり、我が国において一般的に採用されるべき断熱工法です。しかしながら、北海道の公共建築を除いて外断熱工法の普及率は低い現状にあります。
EiPC外断熱推進会議では、2003年外断熱フォーラム、2004年フラウンホーファー建築物理研究所・日独セミナー、2005年ハンス・エーク日本セミナーを開催し、外断熱をはじめとした省エネ建築の普及に努めて参りましたが、外断熱工法への理解や普及・採用はいまだ道半ばであります。
外断熱工法や省エネ建築の優位性と必要性を広く国民に知っていただくために、今年度の活動として外断熱全国キャラバンを実施いたします。

外断熱セミナー全国キャラバンの開催を通して、国民への外断熱への理解を広めるとともに、全国的な外断熱工法の普及・拡大を図って行くことを目的としています。

●内  容 
各界各層・市民を対象に、東京・大阪・福岡・金沢・長野など支部所在都市において“外断熱”をキーワードに省エネや地球環境について、ともに考えるセミナーを開催します。
大学教授や専門家を講師に招いての講演や、すでに「外断熱マンション」で暮らしている住民をゲストに招いてのパネルディスカッションなどにより、普及啓蒙活動を展開します。
「地球環境」「健康住宅」「サスティナブル」など他のNPOや市民団体への連携を働き掛け、省エネに関する議論を深め、日常生活における省エネ活動を展開します。

●効  果
1.住宅の省エネ性能向上に関する意識を広く喚起すること。
2.省エネ住宅が普及することによるCO2削減や地球環境保全への貢献。
3.省エネ住宅と外断熱による「カビ」や「ダニ」の少ない、健康的な住空間の創出。
4. よい建物を長く使う“サスティナブル社会”の醸成。

●開催日 ・金 沢(11/26)(日)・東 京(12/10)(日)・福 岡(‘07/1/27)(土)
       ・長 野(‘07/1/18)(木)・大 阪(‘07/2/02)(金)

●主 催:特定非営利活動法人 外断熱推進会議

●後 援:独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)


各会場の詳しい日程などはホームページ上で随時お知らせしてまいります。

戻る
ページトップ

投稿者 hpnew : 2006年11月20日 22:34