Vol.003 “関西支部 第3回 定例発表会”について

Vol.003 2004年11月26日 “関西支部 第3回 定例発表会”について

関西支部での定例発表会の第3回目は、グラスウール製造大手の株式会社マグ様より発表していただきました。 平成16年10月21日 株式会社マグによる発表会in関西支部
発表者:柳川 悟(株式会社マグ マーケティング部 マーケティンググループ 課長)
会場:株式会社マグ 大阪事務所 会議室
発表の概要:まずは京都議定書発行についての過去の流れや最新情報についての解説があった。
•京都議定書はロシアの批准により来年2月に発効となる。
•日本は1997年のCOP3の段階で基準排出量となる1990年時点での数値に対して6%の削減が必要であったが、現時点でさらに8%程度排出量が増えているため、13.6%の削減が必要である。
•日本の地球温暖化ガス排出は、企業・公共が80%を占めるのに対して、民生(家庭)は20%を占めているのみだが、民生は企業・公共と比較して伸びていく傾向にある。住戸の高断熱化による省エネルギーの推進はこの点で有効となる可能性が高い。
•今後の行政レベルの施策として、燃料や電気に対する環境税の課税が実施される可能性がある。
•民間レベルでは、排出権をめぐる取引やファンド設立などが行なわれ、新たなビジネスとして成立する。
 次に、グラスウールを中心に、各種断熱材との比較等のデータが公開された。特にグラスウールは火に対する安全性や環境負荷の少なさの点でほかの断熱材より優れた面があることなどが解説された。また、撥水性グラスウール(製品名:MARCボード)と通常品を実際に水に漬けて一定時間経過後の重量を計測して撥水性を確認する実験などが披露された。

次回、平成16年12月16日に開催される“関西支部 第4回 定例発表会”について
 次回の関西支部 第4回 定例発表会は、英国領事館において、英国A.Proctor社によるプレゼンテーションを開催します。木造住宅を中心に、英国の熱・湿気コントロール技術などについて解説です。
詳細は、添付のPDFファイル(チラシ)をダウンロードしてください。
「英国における建築物の熱・湿気コントロール」チラシ


特定非営利法人 外断熱推進会議 大阪支部

住所:〒579-8013 東大阪市西石切町5-1-42
TEL:0729-86-0432
FAX:0729-86-0433
E-mail:yukio.hiroguchi@tuzuki.com
http://・・・(只今、更新中です、もう少しお待ち下さい。)

戻る
ページトップ

投稿者 hpnew : 2004年11月26日 03:24